「抗菌薬・感染症」★9点の参考書

“抗菌薬の考え方,使い方 ver.4 魔弾よ、ふたたび…”の感想

書籍名

抗菌薬の考え方,使い方 ver.4 魔弾よ、ふたたび…

created by Rinker
¥4,400 (2021/06/25 05:57:07時点 Amazon調べ-詳細)
4498017870

レビューした人

 初期研修医2年目産婦人科志望

 

総合評価

★★★★★★★★★☆

 

読み返し度

★★★★★

 

この参考書を読むタイミング

研修医1年目, 研修医2年目

 

この参考書を一文で表すなら

感染症診療を身近に

 

読者の感想

僕にとって、感染症は学生の時から興味のある学問でした。臨床に出て患者さんを診て、この本と出会い、感染症に対する興味はより強くなり、今では「感染症に興味があります!」と自己紹介しています。

感染症って、菌名も長くて横文字だし、抗生剤は種類多すぎるし、とっつきにくいと感じませんか?
そんな方にとって是非お勧めしたい一冊です!

僕は感染症・抗生剤の参考書は何か一冊買って読むことを強くお勧めします。

抗生剤の種類って多い上に人によって使い方が違うので、一貫して勉強する必要のある範囲だと思っています。
しかし研修医は1ヶ月2ヶ月で別の科に行っちゃうので一人のオーベンから学び続けることができません。

そこで、やはり本著のような参考書を読み自分なりの基盤を築き、ローテでブラッシュアップするというスタイルを取って勉強すべきだと思っています。

感染症はどの科でも扱う範囲ですから、一度勉強しておけば2年間のローテーション、およびその後の後期研修でも知識は活用できますし、各科上級医との抗生剤ディスカッションも可能になります。岩田先生の本やレビューは基本口語調で書かれていますので、この本も全550ページとボリュームがあるように見えますが、その割にスラスラ読めると思います。

研修医向けの感染症・抗菌薬の本はいろいろと読みましたが、この本の好きなところは、

①冒頭で、「ここだけおさえとけば大丈夫、の10の掟」があり、僕はこの部分が岩田先生から我々研修医へのクリニカルパールだと思っています。

「患者の重症度を把握しよう」
「腎機能の確認」
「失敗症例から学ぶ」などなど…

我々研修医にとって感染症患者・抗菌薬使用者の管理は避けても通れないので、自身にとっての基盤を作るという意味でも、この10の掟に目を通すことをおすすめします。

②βラクタム系の解説が僕にとってとてもわかりやすかったです。
βラクタム系って使用頻度も高い上に種類が多い印象があります。セフェムも第一から第四まであって、ペニシリンにはβラクタマーゼが入ってるのもあってややこしい…
こんな場合は前述したように、どの状況で何が使われ、何は使用頻度が少ないか、などある程度優劣をつけて勉強することが必要だと思っています。

各抗生剤に岩田先生のコメントも添えられているので、非常に印象に残ります。

繰り返しますが、感染症ってどの科でも扱う分、誰かが代表して教えてくれるわけでもない印象です(感染症科とか回ったら別かもしれませんが、僕の初期研修病院にはなかったので…)。

その反面、抗菌薬の使い方は研修医の内に基盤を形成する必要があると思いますので、その導入に本書は最適と考えます。

“絶対わかる抗菌薬はじめの一歩”の感想

書籍名

絶対わかる抗菌薬はじめの一歩

レビューした人

初期研修医1年目血液内科志望

 

総合評価

★★★★★★★★☆☆

 

読み返し度

★★★☆☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医働きたて, 国試後の春休み

 

読者の感想

国試後の春休み、国試レベルの感染症の知識が残った状態で少しずつ読んでみた。
読み物という点では同著者の「まるごと」(緑色の本)の方が丁寧だが、「はじめの一歩」も重要な部分(作用機序、ターゲットとなる感染症、細菌など)は書いてあり不足はないと思う。むしろ「まるごと」は文章メインなのに対し「はじめの一歩」は表が纏まっているので疑問に思ったときにささっと見返しやすい。

レビューした人

当時初期研修医2年目(サイト運営の次郎作)

 

総合評価

★★★★★★★★★☆

 

読み返し度

★★★★☆

 

参考書のレベル

入門編

 

使用した場面、役立ったエピソード

いつ:研修医1年目の抗菌薬について何も分からない時

 

読者の感想

(2018年1月 記)

この参考書は、研修医1年目の抗菌薬についてほとんど何も知らない時期から役に立ちました。
抗菌薬を使用する際に、その都度読み返してそれぞれの抗菌薬の特徴やスペクトラムを把握していく過程で最も使いやすかったです。
抗菌薬が分からない研修医1年目の後輩にいつもオススメする参考書です。
2年目になると読む頻度が減ってきますが、この参考書を1年目の早い時期に読んだおかげで初期研修を有意義に過ごせたかなと思っています。

レビューした人

初期研修医2年目。3年目は産婦人科専攻の予定

総合評価

★★★★★☆☆☆☆☆

 

読み返し度

★★☆☆☆

 

参考書のレベル

入門編

 

使用した場面、役立ったエピソード

一年目の時に、一番最初に抗菌薬について勉強する時に読みました。

 

読者の感想

抗菌薬の基本の基を簡単に書いてくれているし、演習問題もあって知識の整理にもなるので一番最初に読むには良いかなと思います。抗菌薬は実際に症例にあたって自分で選ぶ作業が一番大事だと思うので一冊これっていうのが自分の中であればどれでも良いのかな?と思います。

“抗菌薬ドリル”の感想

書籍名

抗菌薬ドリル

created by Rinker
羊土社
¥3,960 (2021/06/24 14:58:34時点 Amazon調べ-詳細)
4758118442

レビューした人

医師3年目、救急集中治療医

 

総合評価

★★★★★★★★★☆

 

読み返し度

★★★★☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医1年目, 研修医2年目

 

この参考書を一文で表すなら

感染症入門書のニュースタンダード

 

読者の感想

本書を手に取ったのは研修医2年目の終わりころだったが、「こんな参考書がもっとはやくあれば良かったのに!」と思った。
本書には各トピックに5つ程の問題があり、それに対する解答と解説が書かれている。

特徴は以下の3点であると思う。
①インプットに偏りがちな医学書が多い中で、アウトプットも重視されている
②写真や図表も多くインプットしやすい
③エビデンスベースだが初心者にもわかりやすい

なかなか、これらがそろった感染症の医学参考書はめずらしい。研修医がまず手に取る本としてニュースタンダードになるのではないかと思う。個人的には矢野先生の「絶対にわかる抗菌薬はじめの一歩」で育ち、それも良書であることには間違いないのだが、本書はより使いやすいのでは、と思っている。

内容は、感染症の基本的な考え方や、各系統の抗菌薬の基礎知識・使い方など基本的な内容が中心となっている(各疾患に対するアプローチなど応用は次作の「抗菌薬ドリル実践編」があり、これもとても良い)。

ちなみに私は後期研修医に入った今も見返して、忘れやすい知識の確認などに使っている。新たな学びも多い。長く使える1冊であると思う。

なお、本書を読むうえで、知識がまっさらな状態でも読めなくはないが、何となく「この感染症にはこの抗菌薬を使うことが多いな…」程度の下地があると勉強しやすい。薄めのアンチョコ本を経てから2冊目の本として読むのもありだろう。

“抗菌薬ドリル 実践編”の感想

書籍名

抗菌薬ドリル 実践編

created by Rinker
羊土社
¥3,960 (2021/06/24 14:58:35時点 Amazon調べ-詳細)
4758118663

レビューした人

医師3年目救急集中治療科

 

総合評価

★★★★★★★★★☆

 

読み返し度

★★★★★

 

この参考書を読むタイミング

研修医1年目, 研修医2年目, 後期研修の働きたて, 後期研修中やそれ以降

 

この参考書を一文で表すなら

感染症参考書のニュースタンダード

 

読者の感想

抗菌薬ドリルに待望の続編が出た。前作は感染症の基礎知識や抗菌薬の基本的な使い方など初学者向けの内容であったが、今回はより実践に近い形で各疾患のアプローチ・マネジメントやピットフォールなどがしっかりまとまっている。

基本的な内容を押さえた研修医に、次なる1冊として是非読んで欲しい。また、発展的な内容も含んでいるため外来・病棟管理で必要な感染症の知識のアップデート・再確認に有用であり、後期研修医にも是非手に取って欲しい。

前作同様、
①インプットに偏りがちな医学書が多い中で、アウトプットも重視されている
②写真や図表も多くインプットしやすい
③エビデンスベースだがわかりやすい
はしっかりと踏襲されている。肺炎・尿路感染・敗血症など普段の研修で欠かせないトピックはもちろん、免疫不全・妊婦/授乳婦・ワクチンなどのかゆいところにも手が届いている。

また、発売が2020年3月なこともあり最新の知見・エビデンスに基づいて書き上げられている点も非常に評価が高い。上級医の経験的なやり方に翻弄され、なんとなくの感染症診療しかできず不安に思う研修医・レジデントも多いと思うが、この1冊でその悩みは払拭されるはずである。

“最新感染症ガイド R-Book2015”の感想

書籍名

最新感染症ガイド R-Book2015

created by Rinker
¥1 (2021/06/24 13:21:20時点 Amazon調べ-詳細)
4889242473

レビューした人

小児科医4年目(サイト運営の次郎作)

 

総合評価

★★★★★★★★★☆

 

参考書のレベル

標準編

 

使用した場面、役立ったエピソード

日本語なのである程度読みやすく気になる項目に対して調べて読んでいた

 

読者の感想

小児の感染症科も内容を参考にし根拠にすることが多い参考書で、日本語訳だとある程度読みやすく気になる項目に対して調べて読むととても勉強になります。
米国小児科学会が出しているので、ワクチンの安全性、有効性に関する内容や、学校保健に関する内容についても詳細に記載されています。
値段が35000円ととても高いので借りて読みましょう。(僕は買いましたが)