「集中治療・救急診療」★8点の教科書

“新生児蘇生法テキスト”の感想

書籍名

新生児蘇生法テキスト

created by Rinker
¥4,400 (2021/04/12 11:40:06時点 Amazon調べ-詳細)
4758319987

レビューした人

 初期研修医2年目産婦人科志望

 

総合評価

★★★★★★★★☆☆

 

読み返し度

★★☆☆☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医2年目

 

 この参考書を一文で表すなら

 産婦人科・小児科志望なら受講お勧めです

 

読者の感想

日本周産期・新生児医学会からNCPRです。
僕は研修医2年目の10月に取りました。
名前の通り、新生児の蘇生法を学習できます。PALSやBLSとは新生児という点で異なります。

ちなみについこの間ガイドラインが2020版に改訂になってます!(僕が受けたのは2015…)
きっかけは小児科を回ったときに、教授から、産婦人科志望ならアルゴリズムは知っておこう、と言われ、だったら実際に講習会に参加して、体で覚えようと思いました。

会場は助産院で、研修医の僕の他に、産婦人科の先生、麻酔科の先生、助産師さんと、合計で8人程度でした。
3人1組でアルゴリズムを見つつ蘇生シュミレーションを行い、意見を出し合ったりして、とても勉強になりました。
その場で初対面でお会いした産婦人科の先生とは将来の話などができ、輪が広がる楽しさもありました。

産婦人科・小児科など、周産期に携わる科に進む方には受講を強くお勧めします。

“ALS:写真と動画でわかるニ次救命処置”の感想

書籍名

ALS:写真と動画でわかるニ次救命処置

created by Rinker
学研メディカル秀潤社
¥2,970 (2021/04/12 23:03:03時点 Amazon調べ-詳細)
4780912431

レビューした人

 初期研修医2年目産婦人科志望

 

総合評価

★★★★★★★★☆☆

 

読み返し度

★★★☆☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医1年目, 研修医2年目

 

 この参考書を一文で表すなら

 院内心停止をはじめとする、院内トラブルの備え

 

読者の感想

ACLSは、BLSの知識をもとに、アドレナリンやアミオダロンなどの薬剤投与の領域が入ってきます。その他、徐脈、頻脈の対応、急性期脳卒中などが含まれます。

ACLSは個人的に習得してよかったと思っています。
先日も述べた通り、初期研修医は実際に臨床の場に立つ+患者さんと対面で接する機会の多い立場なので、院内心停止などのトラブルに遭遇することもあります。

当院では院内心停止は救命科へスタットコールですが、到着までにACLSを展開できれば救命の質も上昇するのかなと思っています。
自身も院内心停止のファーストタッチを1件だけ経験しましたが、ACLS講習で学んだチームダイナミクスが活きたのか、CPRや上級医へのコール、看護師への指示出しなどができて、受講しておいてよかったと感じました。

難易度はやや難かもしれません。
心停止の波形の判別、頻脈、徐脈波形などの心電図解析が必要になってくるので、ACLSアルゴリズムに入る前に基本的な心電図波形を読むトレーニングが必要と思います。

テキスト代、受講料もBLSに比べやや高価ですが、初期研修のうちに習得することで、院内急変に一つ大きな自信がつくと思いますので、受講することを強くおすすめします。

“人工呼吸管理レジデントマニュアル”の感想

書籍名

 人工呼吸管理レジデントマニュアル

created by Rinker
¥4,180 (2021/04/12 23:03:04時点 Amazon調べ-詳細)
4260038346

レビューした人

 初期研修医2年目産婦人科志望

 

総合評価

★★★★★★★★☆☆

 

読み返し度

★★★★★

 

この参考書を読むタイミング

研修医1年目, 研修医2年目

 

読者の感想

人工呼吸管理レビュー4冊目です。
本書は僕は通読書というより辞書的に使うことが多いです。

レジデントマニュアルシリーズはポケットサイズでページ数も少ないですが、イラストは少なめで細かい病態生理までの解説は多くないので、ある程度地盤を固めた上で読むことをお勧めします。

内容は挿管手技から鎮静鎮痛といった挿管中の管理、トラブルシューティング、合併症、離脱まで幅広いです。

僕の具体的な使い方は、

 PCV、VCVの正常波形、ミストリガーの波形、鎮痛鎮静のスコアリング(BPS、RASSなど)、CAMICU

などのページに付箋をつけておいて、必要な時にすぐ見られるようにしていました。
救命科ローテーション中はこの1冊にとても助けられました。

通読するにはやや難しめで、ボリュームの割に値段が高めなのと使用状況が限られる点で購入は必須ではない印象ですが、選択ローテーションでも救命を考えている方や、人工呼吸器管理を踏み込んでやってみたい方には強くお勧めします。

“人工呼吸管理に強くなる”の感想

書籍名

 人工呼吸管理に強くなる

レビューした人

 初期研修医2年目産婦人科志望

 

総合評価

★★★★★★★★☆☆

 

読み返し度

★★★★☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医1年目, 研修医2年目

 

この参考書を一文で表すなら

人工呼吸器管理の各論

 

読者の感想

今日は人工呼吸器管理の本です。行ったり来たりですみません…

以前呼吸生理の本をレビューしましたが、本書は呼吸器のモードについて踏み込んだ内容で、症例問題もあるのでより臨床に即した参考書という印象です。

個人的にはモニター波形の読み方やモード解説が詳しくてよかったと感じました。
また、呼吸器管理中の鎮静・鎮痛や人工呼吸器関連肺炎についてもページをさいてあってよかったです。

最初はモードや用語の理解で手一杯かもしれませんが、その次は鎮痛鎮静を始めとする挿管患者さんの具体的な管理が要求されるので、その部分に関しては本書はおすすめです。

本書も呼吸生理やNPPVについての解説はありますが、その2つは以前紹介した書籍の方がわかりやすい印象でした。
よって人工呼吸器管理を勉強するにあたっては

 ①呼吸生理がわかる、好きになる

 ②本書

 ②誰でもわかるNPPV

 ③人口呼吸管理レジデントマニュアル

の順番がいいと思います(③は後日紹介します)

挿管管理は患者さんの呼吸以外にも気を配る点が多く難しい印象ですが、臨床に即した本書が参考になると思います。

“誰でもわかるNPPV”の感想

書籍名

 誰でもわかるNPPV

created by Rinker
¥2,420 (2021/04/12 18:44:14時点 Amazon調べ-詳細)
4796523286

レビューした人

 初期研修医2年目産婦人科志望

 

総合評価

★★★★★★★★☆☆

 

読み返し度

★★☆☆☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医働きたて, 研修医1年目, 研修医2年目

 

この参考書を一文で表すなら

NPPVわからなくなったらこれ

 

読者の感想

今日も呼吸管理についての本を紹介します。
NPPVは人工呼吸器の参考書にちょこっとだけ書いてある、くらいが多いと思います。

挿管管理とNPPVは別物で、しっかり分けて勉強することをおすすめします。
呼吸管理という意味では両者でやっていることは近いかもしれませんが、実際はモードも、画面の見方も、合併症の起き方もいろいろ違うので、NPPVはそれ用の本で勉強しましょう。

本著はイラストが多くフルカラーで、S/Tモードなどの解説もグラフィック画面と患者さんの呼吸パターンに合わせて解説してあるのでわかりやすいです。人工呼吸器のPCVとかとごっちゃになりやすい印象なので…

看護師向けの書籍だからか、マスクの正しい付け方やトラブルの対応、合併症予防などもページを割いて解説してあるので、研修医でもイメージできて理解しやすいと思います。

あと値段が2200円とお財布に優しいのも◎
NPPV入門におすすめです。