抗菌薬・感染症

“誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた

created by Rinker
医学書院
¥3,850 (2020/11/30 22:54:39時点 Amazon調べ-詳細)
4260039636

 

総合評価

★★★★★★★☆☆☆

 

読み返し度

★☆☆☆☆

 

参考書のレベル

標準編

 

使用した場面、役立ったエピソード

どのように:大学病院では経験しづらい「上気道炎=風邪」の勉強ができた

 

読者の感想

(2018年1月 記)

大学病院での1年目の初期研修では、当直業務がなかったため「上気道炎=風邪」という患者を、本当に診たことがありませんでした。
ウイルス性上気道炎は「多領域に及ぶ感染であり、咳・鼻汁・咽頭痛の3つを急性に同時に同程度に訴えるもの」が典型例、という説明はかなり腑に落ちたため、いつも患者さんに説明する時に使っています。
また、インフルエンザに対する処方の部分も勉強になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生からのレビューを募集しています

当サイトは「後輩のためになりたい」
という想いのもとに寄稿されたレビューで構成されています
“1冊でも”構いません。気軽な寄稿をお待ちしております

詳細はこちらから

コメントを残す

*