抗菌薬・感染症

“抗菌薬の考え方、使い方”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

抗菌薬の考え方、使い方ver.4

created by Rinker
¥4,400 (2020/09/22 00:46:47時点 Amazon調べ-詳細)
4498017870

レビューした人

医師3年目、総合診療医

 

総合評価

★★★★★★★☆☆☆

 

読み返し度

★★★☆☆

 

参考書のレベル

入門編~標準編

 

使用した場面、役立ったエピソード

いつ:初期研修医のころ

なぜ:抗菌薬治療を学ぶために

どのように:通読していました

 

読者の感想

(2020年2月 記)

初期研修医当時はver.3を通読し、後期研修医になった現在ver.4を読み直してみました。

抗菌薬を学ぶ1冊目としては、本書を初期研修医にお勧めできません。

現在、抗菌薬に関する書籍は多数あり、忙しい初期研修医が数ある中から本書を選ぶ理由がないからです。

ポイントを短時間で習得することを目的とする場合、岩田先生特有の語り口が学習効率を下げています。

2冊目以降で、かつ数時間~数日の時間をかけて、腰を据えて読み込む余裕のある方が対象となるでしょう。

レビューした人

当時初期研修医2年目(サイト運営の次郎作)

 

総合評価

★★★★★★★★☆☆

 

読み返し度

★★★☆☆

 

参考書のレベル

発展編

 

使用した場面、役立ったエピソード

いつ:研修医2年目の時

どのように:感染症専門医がどう抗菌薬を使用するかを学べる

 

読者の感想

(2018年1月 記)

よく「研修医向けの抗菌薬の参考書」として紹介されてることが多い参考書かと思います。
しかし、個人的には「研修医向けではないかなあ…」と感じています。
ただ、研修医2年目になって
この抗菌薬について岩田健太郎先生はどのように考えているかな?
と思うことが増えて、参考にする機会が増えました。
発展的な内容ではありますが、
感染症専門医がどう抗菌薬を使用するか
を学ぶには素晴らしい参考書だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生からのレビューを募集しています

当サイトは「後輩のためになりたい」
という想いのもとに寄稿されたレビューで構成されています
“1冊でも”構いません。気軽な寄稿をお待ちしております

詳細はこちらから

コメントを残す

*