循環器内科

“心不全治療薬の考え方、使い方”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

心不全治療薬の考え方、使い方

created by Rinker
¥5,280 (2020/07/10 18:03:11時点 Amazon調べ-詳細)
4498136586

レビューした人

医師3年目 循環器内科医

 

総合評価

★★★★★★★★★☆

 

読み返し度

★★★★☆

 

参考書のレベル

標準編

 

使用した場面、役立ったエピソード

いつ:初期研修~後期研修
どのように:心不全患者の治療方針を考えるとき

 

読者の感想

心不全診療について最新のエビデンスを織り込みつつ日々の臨床において必要十分な事が記載された良書です。

心不全について記載された本は数多ありますが、その多くが病態生理やPVループ等が詳細に記載された重厚な本が多い印象です。もちろんそれらが非常に重要な知識であり、日々の臨床に役立つことは言うまでもないのですが、初学者にとっては非常に敷居が高くなり、取り組みにくくなっていると思うところもあります。

本書にもそう言った記載もありますが、最小限にしており、それぞれの薬の機序やどのような患者に使用すべきか、また開始量や増量の際に気を付ける事等が記載されており、実臨床に即応用できる知識がちりばめられています。心不全患者を持つことになった初期研修医や心不全診療に興味のある医師は必読の医学書と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生からのレビューを募集しています

当サイトは「後輩のためになりたい」
という想いのもとに寄稿されたレビューで構成されています
“1冊でも”構いません。気軽な寄稿をお待ちしております

詳細はこちらから

コメントを残す

*