次郎作レビュー

”考える腎臓病学”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

”考える腎臓病学”

created by Rinker
¥4,400 (2020/11/29 23:54:32時点 Amazon調べ-詳細)
4895926699

レビューした人

 小児科医4年目(サイト運営の次郎作)

総合評価

★★★★★★★☆☆☆

 

 

参考書のレベル

標準編

 

使用した場面、役立ったエピソード

腎臓疾患を病態から整理したい時。

 

読者の感想

「腎臓の働きは不変」ということを意識した結果、小児科へ進んでから特に何度も読み返した参考書の1つです。

病態生理から論理的に解釈する方が好きなこともあり、腎臓の働きを糸球体や尿細管、チャネルレベルまで掘り下げ、且つどの薬がどのチャネルに作用するのか、等、詳しい解説がとても参考になり相性が良かったように思います。

先生からのレビューを募集しています

当サイトは「後輩のためになりたい」
という想いのもとに寄稿されたレビューで構成されています
“1冊でも”構いません。気軽な寄稿をお待ちしております

詳細はこちらから

コメントを残す

*