臨床医学

”臨床のための脳と神経の解剖学 ”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

臨床のための脳と神経の解剖学

created by Rinker
¥7,480 (2020/09/27 21:46:09時点 Amazon調べ-詳細)
481570161X

レビューした人

キノ・デ・トテン(from「医大生男子のくだらない考え」)

 

総合評価

★★★★★★★☆☆☆

 

読み返し度

★★☆☆☆

 

参考書のレベル

臨床医学/実習

 

使用した場面、役立ったエピソード

「どのように役立ちましたか」の項をコピー&ペースト

 

読者の感想

あまり読めませんでしたね~。
というか図説の代わりで、「あれ、ここの解剖ってどうなっていたっけ?」というときに読んでいた一冊です。病棟で頭頚部のCTを読影しているときなどに手元にほしい一冊ですね。そのようなときに解剖から病態を考える際には非常に役に立つと思います。神経は解剖がすべてですからね。
臨床的なTipsもちりばめられていたので、臨床に結びつくのも非常にわかりやすくて良かったなと思います。

通読したらどうなるんでしょうね?笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生からのレビューを募集しています

当サイトは「後輩のためになりたい」
という想いのもとに寄稿されたレビューで構成されています
“1冊でも”構いません。気軽な寄稿をお待ちしております

詳細はこちらから

コメントを残す

*