抗菌薬・感染症

“抗菌薬ドリル”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

抗菌薬ドリル

created by Rinker
羊土社
¥3,960 (2020/09/29 15:29:06時点 Amazon調べ-詳細)
4758118442

レビューした人

医師3年目、救急集中治療医

 

総合評価

★★★★★★★★★☆

 

読み返し度

★★★★☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医1年目, 研修医2年目

 

この参考書を一文で表すなら

感染症入門書のニュースタンダード

 

読者の感想

本書を手に取ったのは研修医2年目の終わりころだったが、「こんな参考書がもっとはやくあれば良かったのに!」と思った。
本書には各トピックに5つ程の問題があり、それに対する解答と解説が書かれている。

特徴は以下の3点であると思う。
①インプットに偏りがちな医学書が多い中で、アウトプットも重視されている
②写真や図表も多くインプットしやすい
③エビデンスベースだが初心者にもわかりやすい

なかなか、これらがそろった感染症の医学参考書はめずらしい。研修医がまず手に取る本としてニュースタンダードになるのではないかと思う。個人的には矢野先生の「絶対にわかる抗菌薬はじめの一歩」で育ち、それも良書であることには間違いないのだが、本書はより使いやすいのでは、と思っている。

内容は、感染症の基本的な考え方や、各系統の抗菌薬の基礎知識・使い方など基本的な内容が中心となっている(各疾患に対するアプローチなど応用は次作の「抗菌薬ドリル実践編」があり、これもとても良い)。

ちなみに私は後期研修医に入った今も見返して、忘れやすい知識の確認などに使っている。新たな学びも多い。長く使える1冊であると思う。

なお、本書を読むうえで、知識がまっさらな状態でも読めなくはないが、何となく「この感染症にはこの抗菌薬を使うことが多いな…」程度の下地があると勉強しやすい。薄めのアンチョコ本を経てから2冊目の本として読むのもありだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

医学生の皆さんからの投稿をお待ちしてます

CBT、国試、USMLE対策やその他の事項について医学生の皆さんからの情報発信の場を作っていこうと思います。

コメントを残す

*