神経内科

“脳卒中ビジュアルテキスト 第4版”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

脳卒中ビジュアルテキスト 第4版

created by Rinker
¥13,200 (2020/11/25 13:52:54時点 Amazon調べ-詳細)
426002082X

レビューした人

医師5年目、脳卒中内科医

 

総合評価

★★★★★☆☆☆☆☆

 

読み返し度

★★☆☆☆

 

この参考書を読むタイミング

後期研修中やそれ以降

 

読者の感想

脳卒中を専門とする医師は全員持ってる(と、思われる)本です。
自分は初期研修医2年目で奮発して購入しました。お値段12000円です。

脳卒中の基本的なことは全て網羅して記載され、図・イラストも豊富なため上級医が研修医に「ほら、こうこうこうだからこうなんだよ」と指導・解説するのに使うことが多い印象です。実際自分もそうやって教えられました。

なるほど!とその時は納得し、いざ脳卒中を専門とすることを決心し購入し読みましたが、まあ読みにくいです。大切なこともたくさん書いてますし、局所局所でわかりやすく参考になるところもあるのですが、通読するには向いていないですね。

少なくとも医学生・研修医が脳卒中の1冊目として読むには不適切ですし、神経内科や脳外科をローテートしているときに張り切って1から読み込もうとするのはやめた方がいいと思います。自分は今後通読に再チャレンジしてみますが、脳卒中を専門とする医師が、基本に立ち返りたいときや、辞書的な使い方、教育用に用いるものだと思います。

医学書の読むタイミングって大事ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

医学生の皆さんからの投稿をお待ちしてます

CBT、国試、USMLE対策やその他の事項について医学生の皆さんからの情報発信の場を作っていこうと思います。

コメントを残す

*