東洋医学

“プライマリ・ケアのための高齢者疾患とはじめに覚えたい、この処方”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

プライマリ・ケアのための高齢者疾患とはじめに覚えたい、この処方

レビューした人

初期研修医1年目麻酔科志望

 

総合評価

★★★★★★★☆☆☆

 

読み返し度

★★★★☆

 

この参考書を読むタイミング

後期研修の働きたて, 後期研修中やそれ以降, 漢方専攻医

 

この参考書を一文で表すなら

西洋医学のドクターにもわかる漢方処方の定石

 

読者の感想

とある勉強会で、ツムラが無料で配ってくれたこの本を、大切にとっておきました。
大学2年以降、実に4年にわたり放っておかれた1冊が、今になって役立っています。

買うと新品で1100円、中古で339円+送料。

この1冊のいいところは、【症候別の処方をいくつか提示してくれて、体質と証に応じて応用自在にできる】ということです。

たとえば「認知症の陰性BPSD」という同じ症候であっても、うつ傾向なのか、胃もたれなのか、胸のつかえなのかという、いろんな周辺症状によって処方に適した薬が異なります。

おそらく、この本は漢方の証という概念に習熟していない現代医学のドクター向きの本で、それゆえに漢方の理論面で弱いところがあります。
しかし、ここでのゴールは【同じ症候に対する類方鑑別】であって、個別の方剤に対するイメージづくりは別の成書でやればよいのです。

したがって、この1冊は漢方の理論を知らないドクターにも、もちろん知っているドクターにもおすすめな、高齢者疾患向きの本です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生からのレビューを募集しています

当サイトは「後輩のためになりたい」
という想いのもとに寄稿されたレビューで構成されています
“1冊でも”構いません。気軽な寄稿をお待ちしております

詳細はこちらから

コメントを残す

*