外科

“研修医のための見える・わかる外科手術”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

研修医のための見える・わかる外科手術

レビューした人

 初期研修医2年目産婦人科志望

 

総合評価

★★★★★★☆☆☆☆

 

読み返し度

★★★★☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医働きたて, 研修医1年目, 研修医2年目, 医学生にもおすすめです

 

この参考書を一文で表すなら

外科手術、手順を予習するならこれ

 

読者の感想

外科ローテ専用って感じの題名ですが、実は麻酔科、救命(術後ICU)の研修でも役に立ちます。

この本を読むことで、ざっくりですが手術の進行をイメージできるようになります。個人的には外科の時読むならネッターなどの解剖学アトラス、麻酔科なら麻酔のあんちょこ本、ICUなら周術期の参考書と組み合わせることを強くお勧めします。

元から外科系には興味なくて、1か月のdutyだけしのげばいい!みたいな人にも実はおすすめですよ。進行がわかるだけで、外科ローテは楽しくなってくるとおもいます。
ただわざわざ購入するのも勿体ないので、もっている友達に、該当するページだけコピー貰うってのでもいいと思います。

レビューした人

研修医1年目

 

総合評価

★★★★★★★☆☆☆

 

読み返し度

★★★★☆

 

参考書を読むのに有用なタイミング

初期研修医働きたて、1年目、2年目

 

読者の感想

道具の名前や糸の種類といった、基本的なことから載ってます。
一般外科、呼吸器、乳腺、心臓、外傷、産婦人科まで広く載ってます。
手術の詳しい手順書というよりは必要最低限が載ってるだけですので、初見の手術に対して、初めに読むといった使い方がいいと思います。
自分が執刀するときはイラストレイテッド外科手術の方がいいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生からのレビューを募集しています

当サイトは「後輩のためになりたい」
という想いのもとに寄稿されたレビューで構成されています
“1冊でも”構いません。気軽な寄稿をお待ちしております

詳細はこちらから

コメントを残す

*