EBM/医療統計

“いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ③”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

 いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ③

レビューした人

 初期研修医2年目産婦人科志望

 

総合評価

★★★★★★★★★☆

 

読み返し度

★★★★☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医働きたて, 研修医1年目, 研修医2年目

 

この参考書を一文で表すなら

医学統計のおさらいに

 

読者の感想

3巻は臨床研究の読み方がメインです。
3巻目まで読んだ後だと、文献のレビューが少しずつ読めるようになってくると思います。3巻はその仕上げ、といった印象でした。

具体的な内容はたとえば対象の選択は適切か、数は十分か、ランダム化ができているか、αエラーβエラーについてなど…
1巻2巻の内容をベースにした解説であり、ややadvancedな印象なので3巻に行く前に一度振り返っておくことをお勧めします。

以前ツイートした内容ですが、臨床研究・医学統計を勉強するには
①いろんなレビューを読み論文の構成を頭に入れる
②医療統計をしっかり学び直す
③少しずつ批判的吟味の視点を学ぶ
この3ステップが重要と考えていて、本著は②〜2.5あたりに相当するのかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生からのレビューを募集しています

当サイトは「後輩のためになりたい」
という想いのもとに寄稿されたレビューで構成されています
“1冊でも”構いません。気軽な寄稿をお待ちしております

詳細はこちらから

コメントを残す

*