EBM/医療統計

“いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ①”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ①

レビューした人

 初期研修医2年目産婦人科志望

 

総合評価

★★★★★★★★★☆

 

読み返し度

★★★★☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医働きたて, 研修医1年目, 研修医2年目

 

この参考書を一文で表すなら

医学統計のおさらいに

 

読者の感想

臨床に出ると、あらゆる場面で統計が共通言語になってきます。
具体的には医学論文、薬剤説明会、勉強会、上級医との会話などなど

以前【医師として知らなければ恥ずかしい50の臨床研究】を紹介させていただきました。

よし!文献を読むポイントはわかったぞ!
ではいざ、自分で

Patient どんな患者に
Exposure どうすると
Outcome どうなるか
に沿って読んで解釈してみよう!

となったときに、医学統計の勉強は避けて通れません。

医療統計、大事なのはわかってるけど、習ったのなんてだいぶ前だし、もう一回あの重い本を引っ張り出してくるのはちょっと…と思っている方には今回の本をおすすめします。

僕がお勧めする統計学の本はこちらです
1巻、2巻、3巻の3部でなっており、今日紹介する1巻は「まずは統計アレルギーを克服しよう」と題されています。
1巻目の内容はp値や信頼区間がメインです。

この部分だけを勉強するぐらいなら他の医療統計の本にも載ってますが、この本をおすすめするのは章ごとに問題がのっているところです。

僕が参考書を買うときの決め手の一つですが、やはりinputしたすぐあとにoutputできる場があるのは助かります。

わからなかったらまたその章を読み直せばいい、いわばセーブポイントみたいなものですからね。

このシリーズの2巻3巻も併せておすすめしますが、体系的に読み進めるにはこの1巻から読み始めるほうがいいと思います。

3つ揃えると10000円近くになってしまいますが、その対価に見合うわかりやすさだと思いますので、医療統計の入門書にぜひおすすめします。

もちろん研修医だけでなく、看護師さんや、文献を読んでみたい医学部実習生にもおすすめですよー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生からのレビューを募集しています

当サイトは「後輩のためになりたい」
という想いのもとに寄稿されたレビューで構成されています
“1冊でも”構いません。気軽な寄稿をお待ちしております

詳細はこちらから

コメントを残す

*