救急外来

“外傷初期診療ガイドライン―JATEC”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

外傷初期診療ガイドライン―JATEC

created by Rinker
¥16,500 (2021/10/17 04:12:27時点 Amazon調べ-詳細)
4867190144

レビューした人

初期研修医2年目産婦人科志望

 

総合評価

★★★★★★★★☆☆

 

読み返し度

★★★★☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医1年目, 研修医2年目

 

読者の感想

日本外傷学会・日本救急医学会からJATECを紹介します。
後述しますが、僕は専攻には通ったのですがコロナの関係で講習会自体が中止になってしまいました。
ですが、ガイドライン自体がとても充実していて、今でも開くことがあります。

(気づいたら第6版が出版されていました…)

内容は外傷の一次評価、二次評価、FASTの評価の仕方や胸骨盤レントゲンといった画像評価まで幅広いです。
ガイドラインを購入すると、付属のIDからJATECのe-learningに入ることができ、気管挿管や胸腔穿刺、輪状甲状靭帯切開などの手技のビデオを視聴できます。
このように、本書は教科書と映像講義を兼ねた内容になっています。

JATECを受講しようと思ったきっかけは、僕が救命ローテで外傷を多く引き当てて、その評価をできるようになりたいと本ガイドラインを読んでいたら、上級医の先生に受講してみるのもいいんじゃない?と勧めていただきました。

JATECは選考があり、応募するも落ちるを繰り返していたわけですが、2年目の4月に受講が決定。したのも束の間、コロナによって講習会自体がなくなってしまい、いまだに受けられずじまいです。

ガイドライン自体はとても読みやすく、今でも教科書として開くことが多いです。
救命をローテすると外傷患者さんを診ることがあると思いますが、内科疾患と違い外傷は一次評価のやり方も異なります。救命ローテーションの心強い味方になると思います。
また、e-learningも充実しているので、手技の予習としても使えます。

救命ローテーションは外傷診療が一つの大きな壁かと思います。
命救を充実した研修期間にするためにも、本書を購入してみてもいいかもしれません。
感染症の情勢が落ち着いたら、講習会の受講も検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生からのレビューを募集しています

当サイトは「後輩のためになりたい」
という想いのもとに寄稿されたレビューで構成されています
“1冊でも”構いません。気軽な寄稿をお待ちしております

詳細はこちらから

コメントを残す

*