産婦人科

“産婦人科研修ポケットガイド”の感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

書籍名

 産婦人科研修ポケットガイド

created by Rinker
¥5,720 (2021/05/18 00:12:36時点 Amazon調べ-詳細)
476531829X

レビューした人

初期研修医2年目産婦人科志望

 

総合評価

★★★★★★★★☆☆

 

読み返し度

★★★☆☆

 

この参考書を読むタイミング

研修医1年目, 研修医2年目

 

この参考書を一文で表すなら

産婦人科志望でない方にも読んでほしい

 

読者の感想

産婦人科志望としてこれは紹介したい…
産婦人科の数あるあんちょこ本のなかで、この本は産婦人科を志望してない人にあえて手に取っていただきたい一冊です。

産婦人科は周産期、腫瘍、女性医学、不妊の4つに大きく分かれます。国家試験を受けてみて感じた方もいらっしゃると思いますが産婦人科は範囲が広いです。
本書は1か月という限られたローテーション期間で勉強するのに、踏み込みすぎず、それでいて研修内容は網羅されているような、ちょうどいい情報量だと思いました。

この本のいいと思う部分は大きく2つです。

一つ目は、巻頭に「産婦人科研修の大まかな流れ」として、産婦人科研修の留意事項が書いてあります。
「内診台やエコーを当てているときは不要な会話は慎む」など、
産婦人科は診察も含めてデリケートな部分が多いです。道徳的な部分ではありますが、ページを割いてしっかり書いてあるのをみると、気を配ろうという産婦人科上級医の先生からのメッセージなのだと感じます。

二つ目は、「もっと踏み込んで勉強したい人へ」として、各巻末にガイドラインや参考文献が載っていて、QRコードですぐ飛べるようになっているんです。
例えば婦人科腫瘍に興味が出てきたから詳しく勉強したい、となった場合にも対応できます。

ポケットサイズではありますが、情報量は充実していて、産婦人科に興味が出てきた人にも対応できる、非常に柔軟なあんちょこ本だと感じました。
なのでくわしさも★5とさせていただいてます。

将来何科に進むか決まっていない方や、産婦人科を現時点で強く志望していない方も、産婦人科ローテーションを期に本書の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先生からのレビューを募集しています

当サイトは「後輩のためになりたい」
という想いのもとに寄稿されたレビューで構成されています
“1冊でも”構いません。気軽な寄稿をお待ちしております

詳細はこちらから

コメントを残す

*